• 効率的なお掃除の方法について詳しく書かれたコラムの特集
  • 当サイトではお掃除が苦手だという人の為に誰でも簡単に効率的に自宅のお掃除を進めることが出来るアイデアをご紹介していきたいと思います。
  • 家の掃除を半日で終了したい!どこから始めるのが効果的なの?どこから始めるのがいい?

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    家の掃除を半日で終了したい!どこから始めるのが効果的なの?どこから始めるのがいい?

    家の掃除を半日でしなければならない時ってありますよね。半日しかなくても、効率的に成果を上げたいものです。では、どうすれば良いのでしょうか。

    ○始めに浸け置きからスタートする
    半日しかない場合でも家中をすっきりと見せるためには、浸け置きできるものをサッと浸け置きして、その間に他の掃除をしてしまいましょう。

    ・キッチンで浸け置きスタート
    まずは、大きめの空のダンボール箱を底にガムテープを張って用意します。その中にビニールゴミ袋を入れて、水10!にカップ1の重曹を溶かし、キッチンの換気扇カバーや五徳を浸け置きします。重曹は、弱アルカリ性で酸性の油汚れには効果的で、油を乳化して落として行きます。

    ・次は、風呂場でも重曹で浸け置き
    その後、お風呂でもイスや洗面器、おもちゃなどの浸け置きをします。湯船の中に、お湯を張り、重曹を溶かします。重曹の浸け置きには、高めの温度が汚れを落とすカギです。やかんで熱湯を沸かして湯船に入れるとお風呂で使用する温度より高めになります。面倒ですが、試してみましょう。

    ○トイレ掃除を始めよう
    トイレの便器の黄ばみが気になる場合には、酸素系の漂白剤が有効です。トイレットペーパーに漂白剤を染みこませて、湿布をするようにして貼り付けてみましょう。20分ほど放置したら、ゴシゴシ擦ってみてください。

    その間に壁やタンクの汚れを拭き取ります。

    ○部屋掃除がスタート
    部屋の掃除の基本は、上からホコリを落として行くことが大切です。照明器具や壁を拭き取ります。お湯250mlに重曹を大さじ1溶いた重曹水を使用して掃除をします。100円ショップで空のスプレーボトルが販売されていますので、使用すると便利です。

    壁紙汚れや窓拭きに利用できます。皮脂汚れや落書き汚れなどの油汚れは、重曹を使用することでタンパク質や脂肪分を分解してくれます。

    ○始めに浸け置きしたキッチンと風呂場の掃除に戻ろう
    キッチンと風呂場の浸け置きを流して、仕上げます。換気扇や五徳は、重曹を振りかけて擦るとクレンザーのような粒子の細かさで、更にきれいになります。お風呂場も同様、水を流してスポンジで擦って終了です。おもちゃなどは子供が口に入れたりすることもあり、きついカビ取り洗剤を使用するのも怖いですよね。

    重曹なら安心です。試してみましょう。